2018年04月05日

テニスブログ↑↑↑

皆さんこんにちは。

リトルプリンステニススクールの大野です。

今回は、『ハーフボレー』について軽く語りたいと思います。








ハーフボレーとは、ボレーの立ち位置でノーバウンドで取らず地面に一度落として打つショットのことを言います。

特徴的なのは、持ち方はボレーの持ち方なのにワンバウンドさせて打つこと。
また、ノーバウンドは1・2のリズムに対してワンバウンド(ハーフボレー)は1・2・3のリズムで打ちます。
ハーフと名が付くだけに、ストロークとボレーの間を取ることが考えられます。立ち位置・持ち方はボレー、足さばきはストロークに近い?っぽい?・・・スイング軌道はストロークのハーフと言うことで半分のイメージです。地面に落としてから打つまでのタイミングもタタン・・・

ネットから比較的遠いところでの立ち位置(ポジション)において使用率が高くなるショットです。
使えるととても有効ですし、ロブの対処がしやすいポジションをキープ出来ます。

しかし!!!

とても難しい・・・

この発信により、より良いテニスライフをお過ごし頂けますように!!


posted by katochan at 16:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする