2018年02月01日

テニスブログ!!!

皆さん、こんにちは。

リトルプリンステニススクールの大野です。

今回は、「短いボール」について軽く語りたいと思います。

まず、短いボールを意図的に打つにはどんなショットがあるかを考えてみます。
1、ドロップショット
2、アングルショット(スライス)
3、アングルショット(スピン)
4、スライスで短く打つ
上記以外で思いつく方、コメントお願いします。

次に、短いボールのメリットを考えてみます。
短いボールは相手に意表をつく事が出来、相手を走らせる・バランスをくずさせる・コートの外に追い出しオープンスペースを作るなど様々あるようです。

しかし、意表をついたりコートを広く使うにも、その前のショットやコース取りの選択によって有効性が違います。ドロップショットはただ打つだけでも難しいのに、上手くいった・甘くなったの差が激しいためいつ打つのが本当に有効なのか・・・

コートを広く使うには、相手を下げる・追い出す・おびき出す方法があります。ショットの組み立てに参考にして頂いてより有効性を高めていきましょう。


この発信により、より良いテニスライフをお過ごし頂けますように!!



posted by katochan at 17:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする